トレース画法の猫も水彩の描き方で変わります。 絵を描いた事の無い方でも写真をトレースすれば描けるものです。水彩の色付けひとつで絵の雰囲気がかわります。あなたも是非ためして見てください。はがき絵に言葉が入れば絵手紙、そのまま可愛い絵として飾る事も出来ます。 順に ,気蕕辰班舛 感性で大胆に 少し描き込む で絵1 デ絵2   1さらっと 2感性で 3少しは 4猫絵1 5猫絵2 ペット画/ねこの絵手紙教室/ウッドバーニング(焼き絵) 猫絵画家・猫の絵手紙作家 藤重 日生/夢工房 広島市中区堺町1丁目6−7 アイレスト堺町505 TEL/FAX(082)292−6150 http://fujishige.jugem.jp spex7vt9@bloom.co.jp
コメント
先生〜♪こんばんは(*^^*)
更新ありがとうございます!
どの猫ちゃんも素敵です☆
いただくのはどの猫ちゃんも
嬉しいと思います☆
三番の書き込んだ猫ちゃんは
どうしたらこのように描けるのか
わかりません。。。凄いです。
水彩は柔らかい印象で優しいですね☆
額にいれるとより一層映えますね。
先生の絵を見ると私も
早く描きたくなります。が
明日はやることがありおあずけ……。
  • by まゆみ
  • 2017/04/23 7:50 PM
猫の鳴き声が聞こえてきそうです。それぞれの猫のポーズが、いかにも猫らしくて、実物がそこにいるようです。水彩の色がとても美しいです。
  • by 鎌倉の緑
  • 2017/04/27 6:41 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL