使ったことのない
画仙紙にチャレンジ。

みんな絵手紙は画仙紙に描いているんですね、しりませんでした。 頂いた画仙紙に何とか描いてみました。いつも水彩・ケント紙・奉書を使うので初めての紙は慣れるまではむつかしいようです。私の場合紙によって描き方まで変わってしまいます。好き嫌いはないのですが皆さんの好み次第といったところですね。
上から順に/綺未妊櫂海舛磴鵝Ν◆Ν水彩と文字はサインペン・ぅ吋鵐隼罎鳳筆と水彩で・タ綺婿罎某綺漫Νκ書に筆と水彩

CIMG4498_1.jpg
CIMG4499_2.jpg CIMG4500_3.jpg CIMG4501_4.jpg CIMG4504_5.jpg CIMG4505_6.jpg
猫絵画家・猫の絵手紙作家 藤重 日生/夢工房
広島市中区堺町1丁目6−7 アイレスト堺町505 
TEL/FAX(082)292−6150 http://fujishige.jugem.jp spex7vt9@bloom.co.jp
コメント
先生〜〜更新ありがとうございます♪
慣れない画仙紙ということですが、
とっても素敵です〜〜\(^^)/
ポコちゃ〜ん☆☆
ありがとうございますー!!
かわいい〜嬉しいーです〜〜♪♪♪
↓の絵手紙も素敵です☆☆
一番下の奉書も私は大好きです☆☆
紙によってにじみ具合も違うので
描き方を変えるのに先生は柔軟に
対応して描かれていて素晴らしいです(^-^)v
先生の文字も好きです。
  • by まゆみ
  • 2018/01/30 9:13 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL